top of page

研究業績

2023年度

原著論文(英文)

  1. Imaoka A, Hattori T, Akiyoshi T, Ohtani H. Irinotecan-induced gastrointestinal damege alters the expression of peptide transporter 1 and absorption of cephalexin in rats. Biopharm Drug Dispos. 44 (5): 372-379. (2023)

  2. Kojima M, Machida K, Cho S, Watanabe D, Seki H, Shimoji M, Imaoka A, Yamazaki H, F Peter Guengerich,. Nakamura K, Yamamoto K, Akiyoshi T, Ohtani H. The influence of temperature on the metabolic activity of CYP2C9, CYP2C19, and CYP3A4 genetic variants in vitro. Xenobiotica. 53 (5): 357 - 365. (2023)

  3. Yajima K, Akiyoshi T, Sakamoto K, Suzuki Y, Oka T, Imaoka A, Yamamura H, Kurokawa J, Ohtani H. Determination of single-molecule transport activity of OATP2B1 by measuring the number of transporter molecules using electrophysiological approach. Journal of Pharmacological Sciences. 153 (3): 153-160. (2023)

  4. Han H, Akiyoshi T, Morita T, Tsuchitani T, Nabeta M, Yajima K, Imaoka A, Ohtani H. The Effects of Jabara Juice on the Intestinal Permeation of Fexofenadine. Biol Pharm Bull.  46(12):1745-1752. (2023)

  5. Kataoka H, Akiyoshi T, Uchida Y, Imaoka A, Terasaki T, Ohtani H. The effects of N-glycosylation on the expression and transport activity of OATP1A2 and OATP2B1. Journal of Pharmaceutical Sciences. 00: 1-9. (2024)

  6. Kiyomiya K, Aomori T, Ohtani H.  Comprehensive analysis of responses from ChatGPT to consumer inquiries regarding over-the-counter medications. Die Pharmazie - An International Journal of Pharmaceutical Sciences. 79(1-2) :24-28. (2024)

2023年度

原著論文(和文)

  1. 末廣直哉, 長島彩乃, 西川はる, 鈴川真由, 櫻井洋臣, 村松博, 青森達, 大谷壽一. 多発性骨髄腫患者におけるダラツムマブ皮下投与時の有害事象に対するジフェンヒドラミンとレボセチリジン前処置の比較医療薬学. in press (2023)

  2. 佐々木駿一, 津田壮一郎, 清宮啓介, 中田英夫, 村松博, 青森達, 大谷壽一. 病棟薬剤業務による医師・看護師の業務負担軽減の定量的評価. 医療薬学. in press (2023)

学会発表

  1. 諏訪円佳, 今岡鮎子, 秋好健志, 大谷壽一. 柑橘系果物に含有される CYPs 阻害成分の含量とその果実間差の網羅的定量解析. 第 6 回フレッシャーズカンファランス 2023.6. 京都 優秀演題発表賞受賞

  2. 弘燁, 秋好健志, 森田時生, 土谷聡耀, 邉田桃子, 矢島広大, 今岡鮎子, 大谷壽一. ジャバラ果汁と Fexofenadine との薬物相互作用に関する in vivo & in vitro 解析. 第 6 回フレッシャーズカンファランス 2023.6. 京都

  3. 斎藤里奈, 秋好健志, 辻井一成, 片岡寛樹, 今岡鮎子, 大谷壽一. OATPs の in vitro 輸送活性に対する有機溶媒の影響. 医療薬学フォーラム 2023, 2023.7. 山形

  4. 谷野愛実, 辻井一成, 片岡寛樹, 今岡鮎子, 秋好健志, 大谷壽一. OATP1B1輸送活性に対する糖鎖修飾の影響. 第17回次世代を担う若手のための医療薬科学シンポジウム 2023.9. 長野

  5. 羽賀瑞季, 八重樫穂高, 竹内啓善. 統合失調症における意図的ノンアドヒアランス: 横断研究. 第33回日本臨床精神神経薬理学会学術集会 2023.9. 愛媛

  6. Koinuma K, Noto K, Morita T, Uekusa Y, F. Peter Guengerich, Nakamura K, Yamamoto K, Imaoka A, Akiyoshi T, Ohtani H. Inhibition kinetics of Citrus jabara juice on CYP3A4 and identification of its inhibitory components. 第33回日本医療薬学会年会, International session, 2023.11. 仙台

2022年度研究業績

2022年度

原著論文

  1. Hibino H, Sakiyama N, Makino Y, Makihara-Ando R, Horinouchi H, Fujiwara Y, Kanda S, Goto Y, Yoshida T, Okuma Y, Shinno Y, Murakami S, Hashimoto H, Akiyoshi T, Imaoka A, Ohe Y, Yamaguchi M,Ohtani H. Evaluation of hepatic CYP3A enzyme activity using endogenous markers in lung cancer patients treated with cisplatin, dexamethasone, and aprepitant. Eur J Clin Pharmacol. 78(4): 613-621 (2022)

  2. Tsuchitani T, Akiyoshi T, Imaoka A, Ohtani H. Mechanistic bottom-up estimation of passive drug absorption from the gastrointestinal tract - Comparison among primary cultured human intestinal cells, Caco-2 cells, artificial membrane, and animal scale upInt J Clin Pharmacol Ther. 60(5): 217 - 224 (2022)

  3. Araki N, Morita T, Akiyoshi T, Kataoka H, Yajima K, Katayama K, Imaoka A, Ohtani H. Comparison of the inhibitory properties of the fruit component naringenin and its glycosides against OATP1A2 genetic variants. Drug Metabol Pharmacokinet. 46: 100464 (2022)

  4. Han H, Akiyoshi T, Morita T, Kataoka H, Katayama K, Yajima K, Imaoka A, Ohtani H. Comparison of the transport kinetics of fexofenadine and its pH dependency among OATP1A2 genetic variantsDrug Metabol Pharmacokinet. 47: 100470 (2022)

学会招待講演

  1. 大谷 壽一. 現場で活きる! 学び直し薬物動態学. 東京都薬剤会 第2回 プライマリ・ケア認定薬剤師研修会. 2022.5

  2. 大谷 壽一. 薬物相互作用の科学的評価と personalized medication への応用. 第 38 回日本 TDM 学会・学術大会. 2022.5

国際学会招待講演

  1. OHTANI Hisakazu. "Drug-beverage interactions and their clinical significance", Dubai International Pharmaceutical & Technology Conference & Exibition (DUPHAT) 2023 (Dubai, Jan 12, 2023)

学会発表

  1. 山本遥, 今岡鮎子, 秋好健志, 大谷壽一. フェノバルビタールの消化管吸収に及ぼす牛乳と含有タンパク質の影響. 第5回フレッシャーズカンファランス 2022.6. 東京

  2. 能登健司, 秋好健志, 今岡鮎子, 大谷壽一. ジャバラ果汁成分による CYP3A4 阻害活性の in vitro 評価. 第5回フレッシャーズカンファランス 2022.6. 東京

  3. 鈴木玲奈, 今岡鮎子, 秋好健志, 大谷壽一. 5-FU 誘発性消化管障害時のマグネシウムの体内動態評価. 第5回フレッシャーズカンファランス 2022.6. 東京

  4. 荒木尚哉, 秋好健志, 片岡寛樹, 矢島広大, 今岡鮎子, 片山和浩, 大谷壽一. OATP1A2 遺伝的 variants に対する飲料成分の阻害特性比較. 医療薬学フォーラム 2022/第 30 回クリニカルファーマシーシンポジウム 2022.7.Web開催

  5. 森ヶ崎貴裕, 肥沼佳菜, 大橋拓人, 阪本拓也, 今岡鮎子, 秋好健志, 大谷壽一. ベラパミルによる CYP3A4 阻害を介した薬物相互作用の個人差の定量的予測. 医療薬学フォーラム 2022/第 30 回クリニカルファーマシーシンポジウム 2022.7. Web開催

  6. ​荒井智貴, 秋好健志, 森田時生, 片岡寛樹, 矢島広大, 植草義徳, 羽田紀康, 今岡鮎子, 大谷壽一. 柑橘類ジャバラによる OATPs 阻害を介した飲食物薬物間相互作用成分の同定. 第32回日本医療薬学会年会, 2022.9, 群馬

  7. Kodai Yajima, Takeshi Akiyoshi, Kazuho Sakamoto, Yoshiaki Suzuki, Takayuki Oka, Ayuko Imaoka, Hisao Yamamura, Junko Kurokawa, Hisakazu Ohtani.Determination of single-molecule transport activity of OATP2B1 by using QTAP and electrophysiological approach. 日本薬物動態学会第 37 回年会, 2022.11, 横浜

  8. Hiroki Kataoka, Takeshi Akiyoshi, Ayuko Imaoka, Hisakazu Ohtani. The effect of N-glycosylation on the transport activity of organic anion transporting polypeptide 1A2/2B1. 日本薬物動態学会第 37 回年会, 2022.11, 横浜

  9. 古原里奈, 下坂沙貴子, 今岡鮎子, 田中英行, 藤岡沙都子, 秋好健志, 寺坂宏一, 大谷壽一. Ultrafine bubble が Caco-2 細胞単層膜における薬物の受動拡散に及ぼす影響. 日本薬学会第143年会, 2023.3, 札幌

  10. 安永真帆, 大橋佳奈, 土谷聡耀, 辻井一成, 今岡鮎子, 秋好健志, 大谷壽一. ラットにおける axitinib の消化管吸収に対する curcumin の影響. 日本薬学会第143年会, 2023.3, 札幌

  11. 山本朱莉, 荒井智貴, 森田時生, 秋好健志, 今岡鮎子, 大谷壽一. クランベリージュース中のフラボノイド類による OATP1A2 および OATP2B1 阻害活性の解析. 日本薬学会第143年会, 2023.3, 札幌

  12. 吉田奈央, 土谷聡耀, 今岡鮎子, 秋好健志, 大谷壽一. タリロノールの消化管吸収に対するクランベリージュースの影響. 日本薬学会第143年会, 2023.3, 札幌

  13. 邉田桃子, 土谷聡耀, 矢島広大, 秋好健志, 今岡鮎子, 大谷壽一. ラット肝・腎・小腸組織におけるトランスポーター発現量解析とイリノテカン曝露の影響.  日本薬学会第143年会, 2023.3, 札幌

2021年度

2021年度

原著論文

  1. Hibino H, Makino Y, Sakiyama N, Makihara-Ando R, Hashimoto H, Akiyoshi T, Imaoka A, Fujiwara Y, Ohe Y, Yamaguchi M, Ohtani H. Exacerbation of atrioventricular block associated with concomitant use of amlodipine and aprepitant in a lung cancer patient: A case report. Int J Pharmacol Ther. 59(4): 328-332 (2021).

  2. Yamaguchi Y, Akiyoshi T, Kawamura G, Imaoka A, Miyazaki M, Guengerich FP, Nakamura K, Yamamoto K, Ohtani H. Comparison of the inhibitory effects of azole antifungals on cytochrome P450 3A4 genetic variants. Drug Metab Pharmacokinet. 38: 100384 (2021)

  3. Ohtani H, Iwata R, Imaoka A, Akiyoshi T. Estimation of absolute oral bioavailability without performing an intravenous clinical study. Drug Metab Pharmacokinet. 38: 100392 (2021)

  4. Tsuchitani T, Akiyoshi T, Imaoka A, Ohtani H. Digoxin absorption decreased independency of P-gp activity in rats with irinotecan-induced gastrointestinal damage. J Pharm Health Care Sci. 7(1): 24 (2021)

  5. Akiyoshi T, Naitou R, Imaoka A, Miyazaki M, Guengerich FP, Nakamura K, Yamamoto K, Ohtani H. Time-dependent inhibition of CYP3A4-mediated midazolam metabolism by macrolide antibiotics in CYP3A4 genetic variants. Int J Pharmacol Ther. 59(12): 745-752 (2021)

  6. Sato R, Akiyoshi T, Morita T, Katayama K, Yajima K, Kataoka H, Imaoka A, Ohtani H. Dual kinetics of OATP2B1: Inhibitory potency and pH-dependence of OATP2B1 inhibitors. Drug Metabol Pharmacokinet. 41: 100416 (2021)

  7. Akiyoshi T, Uchiyama M, Inada R, Imaoka A, Ohtani H. Analysis of inhibition kinetics of three beverage ingredients, bergamottin, dihydroxybergamottin and resveratrol. Drug Metab Pharmacokinet. 42: 100429 (2021)

  8. Morita T, Akiyoshi T, Tsuchitani T, Kataoka H, Araki N, Yajima K, Katayama K, Imaoka A, Ohtani H. Inhibitory effects of cranberry juice and its components on intestinal OATP1A2 and OTAP2B1: Identification of avicularin as a novel inhibitor. J Agric Food Chem. 70(10): 3310-2210 (2022)

総説論文

  1. Ohtani H. Unique perspectives of pharmacy education in Japan -Core curriculum and some examples of advanced education. J Asian Assoc Sch Pharm. 10: 31-34, 2021

​国際学会招待講演

  1. Hisakazu Ohtani. Unique perspectives of pharmacy education in Japan -core curriculum and advanced education-. 6th AASP Pharmacy Education Forum 2021, Web (2021.7)

国内学会招待講演

  1. 大谷 壽一. 薬物動態の基礎から臨床応用までを読み解き、質の高い患者指導に活かす. 健工総合研究所「食品・グレープフルーツと医薬品との相互作用」アップデート, Web (2021.5)

  2. 大谷 壽一. 医看薬系のキャリアパスを考える. 第 16 回慶應赤倉アカデミー, Web (2021.10)

  3. 大谷 壽一. 医薬品情報を科学的に読み解く~薬物動態と薬物相互作用を中心に~. 第 30 回 高崎健康福祉大学薬学部生涯研修セミナー, Web (2021.11)

  4. 大谷 壽一. 医療法改正に伴う病院薬剤師としての働き方. 慶應関連薬剤部長会 第 41 回 学術講演会, Web (2022.1)

  5. 大谷 壽一. 医薬品情報から薬物相互作用を読み取る. 東京都薬剤師会 令和 3 年度 薬局業務研修会, Web (2022.2)

国際学会発表

  1. Tsuchitani T, Akiyoshi A, Imaoka A, Ohtani H. Quantitative estimation of the permeability of P-gp substrates across cell monolayer from the ATPase activity and absolute abundance of P-gp. 24th North American ISSX Meeting, Web, 2021.9

国内学会発表

  1. 森田 時生, 土谷 聡耀, 秋好 健志, 矢島 広大, 片山 和浩, 今岡 鮎子, 大谷 壽一. クランベリージュースによる消化管 OATPs 阻害活性の検討とその阻害成分の探索. 第 4 回フレッシャーズカンファランス, Web, 2021.6 優秀発表賞受賞

  2. 金川 謙治, 秋好 健志, 今岡 鮎子, 大谷 壽一. CYP2C9 各種遺伝的 variants の代謝活性に対する pH の影響. 第 4 回フレッシャーズカンファランス, Web, 2021.6 優秀発表賞受賞

  3. 木村 早百合, 今岡 鮎子, 秋好 健志, 田中 俊也, 藤岡 沙都子, 寺坂 宏一, 大谷 壽一. 難溶性薬物の過飽和溶液の安定性に対するウルトラファインバブルの影響. 第 4 回フレッシャーズカンファランス, Web, 2021.6 優秀発表賞受賞

  4. 荒木 尚哉, 森田 時生, 秋好 健志, 片岡 寛樹, 片山 和浩, 今岡 鮎子, 大谷 壽一. OAPT1A2 変異型に対する果実成分ナリンゲニン及びその配糖体の阻害特性. 第 4 回フレッシャーズカンファランス, Web, 2021.6

  5. 酒井 悠輔, 宮﨑 乃絵, 今岡 鮎子, 秋好 健志, 大谷 壽一. 代謝酵素の変異は薬物相互作用に個人差をもたらすか?~in silico でのアプローチ. 第 23 回日本医薬品情報学会・総会, Web, 2021.6

  6. 関 博行, 秋好 健志, 下地 みゆき, 今岡 鮎子, 山崎 浩史, 中村 克徳, 大谷 壽一. CYP2C19 遺伝的 variants に対する天然果実成分の時間依存的阻害特性. 医療薬学フォーラム 2021, Web, 2021.7

  7. 韓 弘燁, 森田 時生, 秋好 健志, 片岡 寛樹, 今岡 鮎子, 片山 和浩, 大谷 壽一. 野性型及び変異型 OATP1A2 によるフェキソフェナジンの輸送特性評価. 医療薬学フォーラム 2021, Web, 2021.7

  8. 片岡 寛樹, 秋好 健志, 森田 時生, 矢島 広大, 今岡 鮎子, 片山 和浩, 内田 康雄, 寺崎 哲也, 大谷 壽一. 定量的標的プロテオミクスを用いた変異型 OATP1A2/OATP2B1 の輸送特性の評価. 医療薬学フォーラム 2021, Web, 2021.7

  9. 渡辺 大智, 栗田 祐作, 秋好 健志, 関 博行, 今岡 鮎子, 村山 典恵, 山崎 浩史, 下地 みゆき, 中村 克徳, 大谷 壽一. CYP2C19 の代謝キネティクスにおける *23 変異アレルの影響と、その基質間差の要因. 医療薬学フォーラム 2021, Web, 2021.7

  10. 池田 理紗, 秋好 健志, 関 博行, 今岡 鮎子, 山崎 浩史, 下地 みゆき, 中村 克徳, 大谷 壽一. CYP2C19 variants の酵素活性に及ぼす pH の影響. 医療薬学フォーラム 2021, Web, 2021.7

  11. 大島 幸徳, 岡部 健大, 沖横田 麻菜, 大森 美緒, 大口 顕, 亀ヶ谷 健, 宮本 勵, 岡崎 光洋, 大谷 壽一. 患者の食習慣や嗜好に係る服薬指導の現状と薬剤師の行動や意識 -「医薬品とグレープフルーツの相互作用」調査から見えたもの-. 第 15 回日本薬局学会学術総会, 福岡/Web (ハイブリッド), 2021.11

  12. 土谷 聡耀, 秋好 健志, 今岡 鮎子, 大谷 壽一. 消化管吸収過程における P 糖蛋白質を介した薬物相互作用の in vitro ATPase 活性からの予測. 日本薬学会第 142 年会, Web, 2022.3

  13. 片岡 寛樹, 冬木 陽大, 秋好 健志, 森田 時生, 矢島 広大, 今岡 鮎子, 片山 和浩, 大谷 壽一. OATP1A2 variants の輸送活性に対する温度の影響. 日本薬学会第 142 年会, Web, 2022.3

  14. 鈴木 玲奈, 今岡 鮎子, 秋好 健志, 大谷 壽一. マグネシウムの消化管吸収に対するシプロフロキサシンの影響. 日本薬学会第 142 年会, Web, 2022.3

著書

  1. 大谷 壽一 (著)、カネダ工房 (イラスト)、ビーコムプラス (編)「マンガでわかる薬物動態学」、オーム社 (2021/5)

  2. 堀岡 正義 (原著)、調剤学総論編集委員会 (折井 孝男、二神 幸次郎、山本 信夫、大谷 壽一) (著)、「調剤学総論」改訂 14 版、南山堂、2022 年 2 月

薬学部 臨床薬物動態学講座の業績はこちら

bottom of page