2021年度

原著論文

  1. Sato R, Akiyoshi T, Morita T, Katayama K, Yajima K, Kataoka H, Imaoka A, Ohtani H. Dual kinetics of OATP2B1: Inhibitory potency and pH-dependence of OATP2B1 inhibitors. Drug Metabol Pharmacokinet. in press. 2021 doi: 10.1016/j.dmpk.2021.100416

  2. Akiyoshi T, Naitou R, Imaoka A, Miyazaki M, Guengerich FP, Nakamura K, Yamamoto K, Ohtani H. Time-dependent inhibition of CYP3A4-mediated midazolam metabolism by macrolide antibiotics in CYP3A4 genetic variants. Int J Pharmacol Ther. 59(12):745-752 (2021) doi: 10.5414/cp203896

  3. Tsuchitani T, Akiyoshi T, Imaoka A, Ohtani H. Digoxin absorption decreased independency of P-gp activity in rats with irinotecan-induced gastrointestinal damage. J Pharm Health Care Sci.7(1):24. 2021 doi: 10.1186/s40780-021-00207-w

  4. Ohtani H, Iwata R, Imaoka A, Akiyoshi T. Estimation of absolute oral bioavailability without performing an intravenous clinical study. Drug Metab Pharmacokinet. 38:100392. 2021 doi: 10.1016/j.dmpk.2021.100392

  5. Yamaguchi Y, Akiyoshi T, Kawamura G, Imaoka A, Miyazaki M, Guengerich FP, Nakamura K, Yamamoto K, Ohtani H. Comparison of the inhibitory effects of azole antifungals on cytochrome P450 3A4 genetic variants.Drug Metab Pharmacokinet. 38:100384.2021 doi: 10.1016/j.dmpk.2021.100384

  6. Hibino H, Makino Y, Sakiyama N, Makihara-Ando R, Hashimoto H, Akiyoshi T, Imaoka A, Fujiwara Y, Ohe Y, Yamaguchi M, Ohtani H. Exacerbation of atrioventricular block associated with concomitant use of amlodipine and aprepitant in a lung cancer patient: A case report. Int J Pharmacol Ther. 59(4): 328-332. 2021 doi: 10.5414/cp203758

学会発表

  1. 関 博行, 秋好 健志, 下地 みゆき, 今岡 鮎子, 山崎 浩史, 中村 克徳, 大谷 壽一. CYP2C19 遺伝的 variants に対する天然果実成分の時間依存的阻害特性. 医療薬学フォーラム 2021, Web, 2021.7

  2. 韓 弘燁, 森田 時生, 秋好 健志, 片岡 寛樹, 今岡 鮎子, 片山 和浩, 大谷 壽一. 野生型及び変異型 OATP1A2 によるフェキソフェナジンの輸送特性評価. 医療薬学フォーラム 2021, Web, 2021.7

  3. 片岡 寛樹, 秋好 健志, 森田 時生, 矢島 広大, 今岡 鮎子, 片山 和浩, 内田 康雄, 寺崎 哲也, 大谷 壽一. 定量的標的プロテオミクスを用いた変異型 OATP1A2/OATP2B1 の輸送特性の評価. 医療薬学フォーラム 2021, Web, 2021.7

  4. 渡辺 大智, 栗田 祐作, 秋好 健志, 関 博行, 今岡 鮎子, 村山 典恵, 山崎 浩史, 下地 みゆき, 中村 克徳, 大谷 壽一. CYP2C19 の代謝キネティクスにおける *23 変異アレルの影響と、その基質間差の要因. 医療薬学フォーラム 2021, Web, 2021.7

  5. 池田 理紗, 秋好 健志, 関 博行, 今岡 鮎子, 山崎 浩史, 下地 みゆき, 中村 克徳, 大谷 壽一. CYP2C19 variants の酵素活性に及ぼす pH の影響. 医療薬学フォーラム 2021, Web, 2021.7

  6. 酒井 悠輔, 宮﨑 乃絵, 今岡 鮎子, 秋好 健志, 大谷 壽一. 代謝酵素の変異は薬物相互作用に個人差をもたらすか?~in silico でのアプローチ. 第 23 回日本医薬品情報学会・総会, Web, 2021.6

  7. 森田 時生, 土谷 聡耀, 秋好 健志, 矢島 広大, 片山 和浩, 今岡 鮎子, 大谷 壽一. クランベリージュースによる消化管 OATPs 阻害活性の検討とその阻害成分の探索. 第 4 回フレッシャーズカンファランス, Web, 2021.6 優秀発表賞受賞

  8. 金川 謙治, 秋好 健志, 今岡 鮎子, 大谷 壽一. CYP2C9 各種遺伝的 variants の代謝活性に対する pH の影響. 第 4 回フレッシャーズカンファランス, Web, 2021.6 優秀発表賞受賞

  9. 木村 早百合, 今岡 鮎子, 秋好 健志, 田中 俊也, 藤岡 沙都子, 寺坂 宏一, 大谷 壽一. 難溶性薬物の過飽和溶液の安定性に対するウルトラファインバブルの影響. 第 4 回フレッシャーズカンファランス, Web, 2021.6 優秀発表賞受賞

  10. 荒木 尚哉, 森田 時生, 秋好 健志, 片岡 寛樹, 片山 和浩, 今岡 鮎子, 大谷 壽一. OAPT1A2 変異型に対する果実成分ナリンゲニン及びその配糖体の阻害特性. 第 4 回フレッシャーズカンファランス, Web, 2021.6

2020年度

原著論文

  1. Koinuma K, Tsuchitani T, Imaoka A, Akiyoshi T, Ohtani H. Relative contributions of metabolic enzymes to systemic elimination can be estimated from clinical DDI studies: Validation using an in silico approach. Int J Pharmacol Ther. 59(3): 231-238. doi: 10.5414/cp203771

  2. Tsuchitani T, Akiyoshi T, Imaoka A, Ohtani H. Citrus fruit-derived flavanone glycoside narirutin is a novel potent inhibitor of organic anion-transporting polypeptides. J Agric Food Chem. 68(48): 14182-14191. doi: 10.1021/acs.jafc.0c06132

  3. Semba Y, Akiyoshi T, Hibino H, Imaoka A, Ohtani H. Profile of the inhibitory effects of gefitinib on CYP2D6 variants in vitroInt J Pharmacol Ther. 58(10): 539-542. doi: 10.5414/cp203698

  4. Ohtani H, Nakamura K, Imaoka A, Akiyoshi T. Novel method to estimate the appropriate dosing interval for activated charcoal to avoid interaction with other drugs. Eur J Clin Pharmacol. 76(11): 1529-1537. doi: 10.1007/s00228-020-02931-y

  5. Morita T, Akiyoshi T, Sato R, Katayama K, Yajima K, Kataoka H, Imaoka A, Sugimoto Y, Ohtani H. pH-dependent transport kinetics of the human organic anion-transporting polypeptide 1A2. Drug Metab Pharmacokinet. 35(2): 220-227. doi: 10.1016/j.dmpk.2019.12.002

学会招待講演

  1. 大谷 壽一. 英語プレゼン・英語論文との終わりなき格闘~不得手克服への歩み~. 第 30 回 日本医療薬学会年会, シンポジウム 5 「がん化学療法における臨床的課題を解決する次世代リーダーの育成」, シンポジスト, Web, 2020.9

学会発表

  1. 井上 賀絵, 石川 さと子, 市川 大樹, 今岡 鮎子, 岩田 紘樹, 河添 仁, 木村 真規, 小林 典子, 中村 智徳, 横田 惠理子, 漆原 尚巳. 薬学部における倫理観・コミュニケーション能力醸成の到達度を測るための学年横断的ルーブリック評価表の作成とその評価. 第 5 回日本薬学教育学会大会, Web, 2020.9

2019年度

原著論文

  1. Hattori T, Imaoka A, Akiyoshi T, Ohtani H. Irinotecan-induced gastrointestinal damage impairs the absorption of dabigatran etexilate. Biopharm Drug Dispos. 40(9): 315-324. doi: 10.1002/bdd.2205

  2. Ogata Y, Imaoka A, Akiyoshi T, Ohtani H. Effects of food type on the extent of drug-drug interactions between activated charcoal and phenobarbital in rats. Drug Metab Pharmacokinet. 34(4): 287-291. doi: 10.1016/j.dmpk.2019.05.002

  3. Seki H, Akiyoshi T, Imaoka A, Ohtani H. Inhibitory kinetics of fruit components on CYP2C19 activity. Drug Metab Pharmacokinet. 34(3): 181-186. doi: 10.1016/j.dmpk.2019.02.002

  4. Imaoka A, Seki K, Akiyoshi T, Ohtani H. The extent of drug-drug interaction between amlodipine and activated charcoal is attenuated by food intake in rats. Drug Metab Pharmacokinet. 34(1): 108-110. doi: 10.1016/j.dmpk.2018.08.008

  5. 大谷 壽一, 藤井 萌未, 今岡 鮎子, 秋好 健志. インターネットオークションにおける無承認無許可医薬品の出品実態. 医療薬学. 45(10): 591-595. doi: 10.5649/jjphcs.45.591

学会招待講演

  1. 大谷 壽一. 論文投稿のノウハウ〜原稿作成とリバイスのポイント〜. 第 29 回 日本医療薬学会年会, シンポジウム 18 「がん化学療法における臨床的課題を解決するために研究指導者が持つべき先導的視点」, シンポジスト, 福岡, 2019.11

  2. 大谷 壽一. 薬物動態・薬物相互作用に関する医薬品情報の読み方と使い方. 令和 2 年第 1 回所沢市薬剤師会学術講演会, 所沢, 2020.1

学会発表

  1. Daichi Watanabe, Miyuki Shimoji, Hiroyuki Seki, Takeshi Akiyoshi, Ayuko Imaoka, Akikazu Murakami, Hidehiro Kishimoto, Norie Murayama, Hiroshi Yamazaki, Katsunori Nakamura, Hisakazu Ohtani. Comparative analysis of human cytochrome P450 2C19 enzyme kinetics among six variants. 9th AASP Conference, Suwon, 2019.7

  2. 稲田 理乃, 秋好 健志, 今岡 鮎子, 大谷 壽一. CYP2C9 遺伝的変異型における resveratrol および sesamin の阻害特性の比較. 日本薬学会第 140 年会, 京都, 2020.3

  3. 趙 澄絵, 秋好 健志, 渡辺 大智, 関 博行, 今岡 鮎子, 山崎 浩史, 下地 みゆき, 中村 克徳, 大谷 壽一. CYP2C19 変異型分子種の代謝活性に及ぼす温度の影響. 日本薬学会第 140 年会, 京都, 2020.3

  4. Ryo Sato, Takeshi Akiyoshi, Ayuko Imaoka, Kazuhiro Katayama, Yoshikazu Sugimoto, Hisakazu Ohtani. High and low affinity kinetics of OATP2B1 - Inhibitory potency and pH-dependency of inhibitors -. 日本薬物動態学会第 34 回年会, つくば, 2019.12

  5. 森田 時生, 秋好 健志, 矢島 広大, 今岡 鮎子, 植草 義徳, 木内 文之, 片山 和浩, 杉本 芳一, 大谷 壽一. かんきつ果汁中の新規 OATP2B1 阻害成分の探索とその阻害活性の定量的評価. 第 13 回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム, 岐阜, 2019.10

  6. 江尻 里奈, 秋好 健志, 今岡 鮎子, Guengerich FP, 中村 克徳, 山本 康次郎, 大谷 壽一. CYP3A4 各種遺伝的バリアントの代謝活性に対する pH の影響. 医療薬学フォーラム 2019, 広島, 2019.7

  7. 肥沼 佳菜, 土谷 聡耀, 今岡 鮎子, 秋好 健志, 大谷 壽一. 薬物相互作用臨床試験をもとにした代謝経路寄与率算出の妥当性の評価. 第 3 回フレッシャーズカンファランス, 東京, 2019.6

  8. 岩田 夏美, 秋好 健志, 今岡 鮎子, 大谷 壽一. 静注データを用いない絶対バイオアベイラビリティ推定法の推定精度検証. 第 22 回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 札幌, 2019.6

2018年度

原著論文

  1. Imaoka A, Abiru K, Akiyoshi T, Ohtani H. Food intake attenuates the drug interaction between new quinolones and aluminum. J Pharm Health Care Sci. 4(11).  doi: 10.1186/s40780-018-0107-1

  2. Tsujii K, Hattori T, Imaoka A, Akiyoshi T, Ohtani H. 5-fluorouracil-induced gastrointestinal damage impairs the absorption and anticoagulant effects of dabigatran etexilate. J Pharm Sci. 107(5): 1430-1433. doi: 10.1016/j.xphs.2017.12.023

学会招待講演

  1. 大谷 壽一. 薬物動態とテーラーメード医療のトピックス. 防衛省薬学懇話会, 東京, 2018.7 

  2. 大谷壽一. 薬物相互作用の情報を読み解く・使いこなす. 大田区薬剤師会地区研修会, 東京, 2018.8

  3. 大谷 壽一. なかなか聞けない論文作成のイロハ. 第 28 回日本医療薬学会年会, シンポジウム 29 「臨床研究の始め方と実践-論文化を目指して-」, シンポジスト, 神戸, 2018.11

  4. 秋好 健志. Overseas clinical rotation and exchange program of pharmacy students in Keio University. 第 28 回日本医療薬学会年会, 国際シンポジウム「Pharmacy Education, Research and Practice Models in Asia」,シンポジスト, 神戸, 2018.11

学会発表

  1. 宮崎 乃絵, 秋好 健志, 今岡 鮎子, 大谷 壽一. CYP2D6 variants 間の阻害剤感受性の差異がもたらす臨床的影響の in silico 評価. 第 62 回日本薬学会関東支部大会, 東京, 2018.9

  2. 森田 時生, 佐藤 稜, 秋好 健志, 今岡 鮎子, 片山 和浩, 杉本 芳一, 大谷 壽一. ヒト小腸有機アニオン輸送ポリペプチド OATP1A2 および OATP2B1 の pH sensitive な輸送特性の解析. 第 62 回日本薬学会関東支部大会, 東京, 2018.9

  3. 森田 時生, 佐藤 稜, 秋好 健志, 今岡 鮎子, 片山 和浩, 杉本 芳一, 大谷 壽一. ヒト小腸有機アニオン輸送ポリペプチド OATP1A2 および 2B1 の輸送能の pH 依存性. 第 2 回フレッシャーズカンファランス, 京都, 2018.7

  4. 吉池 貴良, 秋好 健志, 今岡 鮎子, 大谷 壽一. 食事とその粘度がフェノバルビタールと活性炭の相互作用の程度に及ぼす影響. 医療薬学フォーラム 2018, 東京, 2018.6

2017年度

原著論文

  1. Yotsumoto K, Akiyoshi T, Wada N, Imaoka A, Ohtani H. 5-Fluorouracil treatment alters the expression of intestinal transporters in rats. Biopharm Drug Dispos. 38(9): 509-516 (2017) doi: 10.1002/bdd.2102

  2. Ohtani H, Mitsui R, AkiyoshiT, ImaokaA, Abe Y, Kanke M, Nakamura T, Foster P, Mochizuki M. Development and evaluation of an overseas clinical rotation program for undergraduate pharmacy students in Japan. Curr Pharm Teach Learn. 9(3): 452-459 (2017) doi: 10.1016/j.cptl.2016.12.007

  3. Mikami A, Hori S, Ohtani H, Sawada Y. Analysis of the mechanism of prolonged persistence of drug interaction between terbinafine and amitriptyline or nortriptyline. Biol. Pharm. Bull. 40: 1010-1020 (2017) doi: 10.1248/bpb.b16-01004

  4. Ishikawa Y, Akiyoshi T, Imaoka A, Ohtani H. Inactivation kinetics and residual activity of CYP3A4 after treatment with erythromycin. Biopharm Drug Dispos. 38(7): 420-425 (2017) doi: 10.1002/bdd.2078

  5. 鈴木 小夜, 青野 いづみ, 今井 奈津美, 桑原 亜記, 剱田 侑希, 松元 美奈子, 吉田 彩, 渡邊 明日香, 高木 彰, 小林 典子, 佐伯 晴子, 大谷 壽一, 中村 智徳, 木津 純子. 学生のニーズに基づき学生主体で構築した新たなアドバンスト服薬指導事前実習の実施とその評価. Yakugaku Zasshi. 137(11): 1391-1408 (2017) doi: 10.1248/yakushi.17-00092

学会招待講演

  1. Ohtani  H. Pharmacy  education  in  Japan -Clinical  rotation  and  preceptorship -seminar national. Asosiasi   Pendidikan Tinggi Farmasi Indonesia (APTFI) II, Banjarmasin, Indonesia, 2017.11

  2. 大谷 壽一. 受理される論文・されない論文. 第 1 回日本医療薬学会医療薬学セミナー, 東京, 2017.4

  3. 大谷 壽一. 語学・専門科目の学びを英語コミュニケーション力につなげるには? 第61 回日本薬学会関東支部大会, シンポジウム 5 「薬剤師と臨床薬学の国際化に向けて」, オーガナイザーおよびシンポジスト, 東京, 2017.9

  4. 大谷 壽一. 医療系(薬学分野) の情報リテラシー教育モデル案. (公社)私立大学情報教育協会平成 29 年度教育改革 ICT 戦略大会分科会 D: 価値の創出を目指した問題発見・解決思考の情報リテラシー教育モデル, 東京, 2017.9

  5. 大谷 壽一. 医薬連携で薬剤師に求められる臨床薬物動態学の基本. 日本薬学会関東支部薬剤師向け研修講演会「医療連携に求められるもの‐基礎から実践まで‐」, 前橋, 2017.10

  6. 大谷 壽一. 薬物相互作用情報の読み方・使い方. 第158 回新潟薬学会, 新潟, 2018.2

​学会発表

  1. 秋好 健志, 町田 果南実, 今岡 鮎子, F.P Guengerich, 中村 克徳, 山本 康次郎, 大谷 壽一. CYP3A4 遺伝的variants 間の温度感受性の差異. 日本薬学会第 138 年会, 金沢, 2018.3

  2. 関 博行, 秋好 健志, 今岡 鮎子, 大谷 壽一. CYP2C19 代謝活性に対する天然果実成分の阻害様式及びキネティクスの評価. 日本薬学会第 138 年会, 金沢, 2018.3

  3. 岩田 理沙, 秋好 健志, 今岡 鮎子, 大谷 壽一. 静注データのない薬剤の絶対経口バイオアベイラビリティ推定法の構築. 第 61 回日本薬学会関東支部大会, 東京, 2017.9

  4. 土谷 聡耀, 今岡 鮎子, 秋好 健志, 大谷 壽一. イリノテカンによる消化管障害がジゴキシンの吸収に与える影響. 第 61 回日本薬学会関東支部大会, 東京, 2017.9  優秀発表賞受賞

  5. 大谷 壽一. 価値の創出を目指した問題発見・解決思考の情報のリテラシー教育モデル. 平成29 年度教育改革ICT 戦略大会, 分科会 D, 東京, 2017.9 (事前撮影のビデオによる発表)

  6. 中村 幸大, 今岡 鮎子, 秋好 健志, 大谷 壽一. 医薬品と活性炭との相互作用の回避のための投与設計法の構築と評価. 第20 回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 東京, 2017.7  優秀発表賞受賞

  7. 藤井 萌未, 今岡 鮎子, 秋好 健志, 望月 眞弓, 山浦 克典, 大谷 壽一.  医薬品の第三者への転売・譲渡の違法性に関する消費者の意識調査. 第20回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 東京, 2017.7

  8. 今岡 鮎子, 関 耕平, 秋好 健志, 大谷 壽一. 薬物吸収に対する胃内pH および食事の影響-小動物を用いた評価-. 第 1 回フレッシャーズカンファランス, 東京, 2017.6  優秀発表賞受賞

  9. 四元 敬一, 今岡 鮎子, 秋好 健志, 大谷 壽一. 5-FU 誘発性消化管障害時のジゴキシンの吸収変動. 第 1 回フレッシャーズカンファランス, 東京, 2017.6  優秀発表賞受賞

  10. 上森 美和子, 後明 郁男, 今岡 鮎子, 秋好 健志, 大谷 壽一. 癌性疼痛に対するリドカイン持続注入法の使用状況. 第11 回日本緩和医療薬学会年会, 札幌, 2017.6

2016年度

原著論文

  1. Ohtani H, Hakoda R, Imaoka A, Akiyoshi T. In silico evaluation of warfarin-bucolome therapy. Biopharm Drug Dispos.37: 232-242 (2016) doi: 10.1002/bdd.2008

学会招待講演

  1. Hisakazu  Ohtani. Current  status  and  future  progress  of  pharmaceutical  care  and sciences in Japan, 第 25 回日本医療薬学会年会国際シンポジウム, 横浜 (2015.11)

学会発表

  1. 服部 智貴, 今岡 鮎子, 秋好 健志, 大谷 壽一. イリノテカン誘発性消化管障害時におけるダビガトランの吸収動態変動とその要因. 日本薬学会第 137 年会, 仙台, 2017.3

  2. 内山 茉里夏, 秋好 健志, 今岡 鮎子, 大谷 壽一. グレープフルーツジュース成分およびresveratrol のCYP2C9 阻害特性解析. 日本薬学会第 137 年会, 仙台, 2017.3

  3. 川村 豪, 今岡 鮎子, 秋好 健志, 日比野 英幸, 荒木 拓也, 宮崎 光江,  F.P  Guengerich, 中村 克徳, 中村 智徳, 山本 康次郎, 大谷 壽一. CYP3A4 genetic variants に対する各種アゾール系抗真菌薬の阻害特性の比較. 日本薬学会第 137 年会, 仙台, 2017.3

  4. 仙波 友理香, 日比野 英幸, 今岡 鮎子, 秋好 健志, 大谷 壽一.  Gefitinib のCYP2D6 各種遺伝的多型に対する阻害特性の比較解析. 日本薬学会第 137 年会, 仙台, 2017.3

  5. 藤井 萌未, 今岡 鮎子, 秋好 健志, 大谷 壽一. インターネットオークションにおける無承認無許可医薬品の取引実態.日本薬学会第 137 年会, 仙台, 2017.3

  6. 若林 嘉代, 今岡 鮎子, 秋好 健志, 松山 賢治, 大谷 壽一. レボフロキサシンプロドラッグのCaco-2 単層膜透過性に対する金属カチオンの影響. 日本薬学会第 137 年会, 仙台, 2017.3

  7. 今岡 鮎子, 小形 有香, 秋好 健志, 大谷 壽一. フェノバルビタールと活性炭の相互作用は食事により減弱する. 日本薬学会第 137 年会, 仙台, 2017.3

  8. 紺野 晋吾, 奥山 裕子, 村田 眞由美, 秋好 健志, 石間 恵美, 松門 武, 小林 秀樹, 草地 信也, 大谷 壽一, 藤岡 俊樹. 経腸栄養を試行した神経筋疾患患者の院内死亡に関与する因子の検討. 第 32 回日本静脈経腸栄養学会学術集会,岡山, 2017.2

  9. 四元 敬一, 今岡 鮎子, 秋好 健志, 大谷 壽一.  5-FU 曝露によるトランスポーター基質薬物の吸収過程への影響. 第 10 回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム, 前橋, 2016.11

  10. 服部 智貴, 今岡 鮎子, 秋好 健志, 大谷 壽一. イリノテカンによる消化管障害がダビガトランの吸収に及ぼす影響. 第 26 回日本医療薬学会年会, 京都, 2016.9

  11. 四元 敬一, 秋好 健志, 今岡 鮎子, 大谷 壽一.  5-FU 誘発性消化管障害時における各種薬物トランスポーターの発現変動. 第 11 回トランスポーター研究会, 京都, 2016.7

2015年度

原著論文

  1. Akiyoshi T, Ishiuchi M, Imaoka A,Ohtani H. Variation in the inhibitory potency of terbinafine among genetic variants of CYP2D6. Drug Metabol Pharmacokinet. 30(4):321-324 (2015) doi: 10.1016/j.dmpk.2015.04.003

  2. 三井 梨恵子, 秋好 健志, 今岡 鮎子, 望月 眞弓, 大谷 壽一. 常用量以下の曝露量における全身性副作用の用量依存性の推定. 医薬品情報学. 17(2):77-86 (2015) doi: 10.11256/jjdi.17.77

  3. 大谷 壽一, 今岡 鮎子, 秋好 健志. インターネットオークションでの違法な医薬品取引と主催者による監視、削除の実態. 薬学雑誌. 135(3): 529-534 (2015) doi: 10.1248/yakushi.14-00238

学会招待講演

  1. Hisakazu Ohtani.  Current status and future progress of pharmaceutical care and sciences in Japan. 第 25 回日本医療薬学会年会 国際シンポジウム, 横浜 (2015.11)

学会発表

  1. Ohtani H, Foster P, Kanke M, Nakamura T, Abe Y, Mochizuki M. Student exchange program between Keio University and US universities for international clinical practice. 2015 ACCP Global Conference on Clinical Pharmacy. San Francisco, CA, USA (2015.10)

  2. 今岡 鮎子, 山宮 果純, 秋好 健志, 大谷 壽一. シプロフロキサシンと各種金属カチオンの相互作用に関する in vitro-in vivo 比較. 日本薬学会第 136 年会, 横浜, 2016.3

  3. 四元 敬一, 秋好 健志, 今岡 鮎子, 大谷 壽一. 5-FU による消化管障害時には P-gp の発現量が著明に増大する. 日本薬学会第 136 年会, 横浜, 2016.3

  4. 亀井 佑莉, 今岡 鮎子, 秋好 健志, 大谷 壽一. グレープフルーツ-薬物間相互作用の強度に影響を及ぼす諸因子の解明. 日本薬学会第 136 年会, 横浜, 2016.3

  5. 内藤 里菜, 秋好 健志, 今岡 鮎子, 日比野 英幸, 荒木 拓也, 宮崎 光江, F.P. Guengerich, 中村 克徳, 中村 智徳, 山本 康次郎, 大谷 壽一. CYP3A4 各変異型分子種の代謝活性に対する MBI 阻害剤の阻害強度の体系的比較. 日本薬学会第 136 年会, 横浜, 2016.3

  6. 関 耕平, 秋好 健志, 今岡 鮎子, 大谷 壽一. 消化管におけるアムロジピンと活性炭の薬物相互作用に対する食事の影響. 第 25 回日本医療薬学会年会, 横浜, 2015.11

  7. 和田 直樹, 秋好 健志, 今岡 鮎子, 辻井 一成, 大谷 壽一. 抗がん剤誘発性消化管障害がダビガトラン-クラリスロマイシン薬物相互作用に及ぼす影響. 第 9 回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム, 千葉, 2015.11

  8. 綾 華奈子, 秋好 健志, 今岡 鮎子, 日比野 英幸, 荒木 拓也, 宮崎 光江, F.P. Guengerich, 中村 克徳, 中村 智徳, 山本 康次郎, 大谷 壽一. CYP3A4 遺伝的 variant に対する競合阻害剤の阻害特性の体系的比較. 第 53 回日本薬学会関東支部大会, 船橋, 2015.11  優秀発表賞受賞

2014年度

原著論文

  1. Imaoka A, Hattori M, Akiyoshi T, Ohtani H. Decrease in ciprofloxacin absorption by polyvalent metal cations is not fully attributable to chelation or adsorption. Drug Metabol Pharmacokinet. 29(5):414-418 (2014) doi: 10.2133/dmpk.DMPK-14-RG-001

  2. KogureN, Akiyoshi T, Imaoka A, Ohtani H. Prediction of the extent and variation of grapefruit juice-drug interactions from the pharmacokinetic profile in the absence of grapefruit juice. Biopharm Drug Dispos. 35:373-381 (2014) doi: 10.1002/bdd.1904

学会招待講演

  1. 大谷 壽一. 医薬品情報から薬物動態を読み解く. 大阪薬科大学第 66 回公開教育講座, 大阪 (2014.5)

  2. 大谷 壽一. 基礎薬学講座医薬品情報の実践的な読み方. 長野県女性薬剤師会研修会, 長野 (2014.7)

  3. 大谷 壽一. 添付文書から読み解く薬物動態. 東京都港区薬剤師会平成 26 年度第二回地区研修会, 東京 (2015.2)

学会発表

  1. 谷内 江理, 今岡 鮎子, 秋好 健志, 大谷 壽一. ニューキノロン系抗菌薬の小腸上皮細胞単層膜透過に及ぼすアルミニウムの影響の相対比較. 医療薬学フォーラム 2014 / 第 22 回クリニカルファーマシーシンポジウム東京, 要旨集 p244 (2014.6)

  2. 石川 裕子, 秋好 健志, 今岡 鮎子, 大谷 壽一. CYP3A4 の Mechanism-based inhibition は基質依存的に生じるか. 医療薬学フォーラム 2014 / 第 22 回クリニカルファーマシーシンポジウム東京, 要旨集 p244 (2014.6)

  3. 大谷 壽一, 今岡 鮎子, 秋好 健志. ネットオークションへの違法な医薬品出品と主催者による監視、削除の実態. 第 17 回日本医薬品情報学会総会・学術大会鹿児島, 要旨集 p157 (2014.6)

  4. 日比野 英幸, 牧野 好倫, 岩瀬 治雄, 秋好 健志, 今岡 鮎子, 大谷 壽一, 林 憲一. がん患者専門病棟における病棟薬剤業務のあり方に関する検討. 第24回日本医療薬学会年会名古屋, 要旨集p428 (2014/9)

  5. 秋好 健志, 大橋 拓人, 今岡 鮎子, 日比野 英幸, 荒木 拓也, 宮崎 光江, F.P Guengerich, 中村 克徳, 中村 智徳, 山本 康次郎, 大谷 壽一. 各種 CYP3A4 変異型分子種に対するベラパミルおよびその代謝物の MBI 特性. 日本薬学会第 135 年会神戸 (2015.3)

  6. 綾 華奈子, 小林 由季, 秋好 健志, 今岡 鮎子, 日比野 英幸, 荒木 拓也, 宮崎 光江, F.P Guengerich, 中村 克徳, 中村 智徳, 山本 康次郎, 大谷 壽一. CYP3A4 遺伝的variants に対する各種競合阻害剤の阻害特性の比較. 日本薬学会第 135 年会神戸 (2015.3)

  7. 今岡 鮎子, 谷内 江理, 秋好 健志, 大谷 壽一. 各種ニューキノロン系抗菌薬とアルミニウムとの相互作用強度を Caco-2 細胞系から予測する. 日本薬学会第 135 年会神戸 (2015.3)

  8. 辻井 一成, 秋好 健志, 今岡 鮎子, 大谷 壽一. ダビガトランの体内動態及び薬効に対する抗がん剤誘発性消化管障害の影響. 日本薬学会第 135 年会神戸 (2015.3)

医学部 病院薬剤学教室の業績(2021年9月以降) はこちら